取扱い樹種

取扱い樹種

『ホーテック』では、吉野杉の他にも、吉野桧や高野マキ、ヒバ、松などの国産樹脂及び米松、米栂、米杉、スプルース、ピーラ等の国外産樹種の住宅部材を取り扱っております。 それぞれに秀でた特徴や適した用途などがありますので、以下でご確認のうえ、当社までお気軽にご相談ください。

ホーテックの取り扱い樹種一覧

  • 杉(吉野杉)

    杉(吉野杉)

    スギ 杉、椙
    スギ科
    Cryptomeria japonica

    本州、四国、九州に分布する日本の代表的な樹種の一つで、古くから各地で植林が行われてきました。各地でその造林方法が異なるため、材質も様々ですが、当社が扱う吉野杉は「年輪幅が緻密」「色つや、香りがいい」「本末同大」「無節完満」など特に優れた特性を持っています。
    日本の針葉樹の中では、軽くて柔らかい木であり、住宅部材や床材、壁材、天井材などをはじめ、家具や包装、食器など、幅広い用途に使用されています。
  • 桧(吉野桧)

    桧(吉野桧)

    ヒノキ、桧、扁柏
    ヒノキ科
    Chamaecyparis obtusa

    福島県東南部以南の本州、四国、九州に分布し、杉に次いで造林面積が広い、日本の代表的な木材です。美しい光沢や特有の芳香があるだけでなく、心材の耐久性が高く、しかも、長期の水湿に耐えられるなど、非常に多くの面で優れた木材といわれています。
    当社で扱っている吉野桧は、特に強度、色つや、芳香に富んでいます。主に、建築、建具、彫刻木型、曲物、桶、湯船などに使用される高価な木材です。
  • マキ(高野マキ)

    マキ(高野マキ)

    コウヤマキ、高野槙
    コウヤマキ科
    Sciadopitys verticillata

    マキは本州、四国、九州の一部に分布する日本固有の樹種です。なかでも、当社が扱う高野マキは、紀州高野山付近に多く分布することからこう呼ばれ、桧以上の美しい光沢と耐水性、さらには通直の木目と精緻な肌目、特有の匂いがあります。樹形が美しく、庭木としても植えられており、平成18年に秋篠宮悠仁親王殿下のご誕生を祝して、お印と指定されたことでも話題になりました。
    現代では、数が減っているため、目にする機会も減っていますが、建築や器具、風呂桶、流し板、棺などに使われています。
  • ヒバ(米ヒバ)

    ヒバ(米ヒバ)

    ヒバ、アスナロ
    ヒノキ科
    Thujopsis dolabrata

    この類は日本にのみ産し、本州中南部、四国の一部、九州などに分布します。地域によっては、ヒノキアスナロやアテなどとも呼ばれ、産地周辺の地域で多く使用されています。養毛剤に使用される独特の臭気成分が特徴で、高い耐久性と耐水性、また強度があるため、建築、とくに土台、根太などに用いられ、器具、風呂桶、漆器素地などにも使用されています。

※上記の文章は、日本木材総合情報センターのウェブサイト「木ネット」より引用しております。

吉野杉・吉野桧 奈良県産材の住宅部材の製造販売

株式会社ホーテック
  • 桜井:安倍工場
    〒633-0055
    奈良県桜井市安倍木材団地2-3-1
    Tel:0744-44-6100
    Fax:0744-44-6105
  • 本社:大淀工場
    〒638-0812
    奈良県吉野郡大淀町檜垣本1078-1
    Tel:0747-54-3111
    Fax:0747-54-3110
お問い合わせ