防音直貼り無垢フローリング「音静香」 LL-45、△LL(I)-4取得
~マンション用防音フローリング~

防音直貼り無垢フローリング「音静香」

防音直貼り無垢フローリング「音静香」

音静香

無垢材【杉/檜】(10.0mm)
防音材(4.5mm)
※厚み15mm~14.5mmで施工可能

今までなかった標準板幅110mm、厚み15mm~14.5mmの国産スギ・ヒノキを使った直貼り無垢防音 フローリングを奈良県森林技術センターとの共同研究により開発しました。
一般財団法人日本建築総合試験所で試験を行い、軽量床衝撃音レベル低減性能が、一般的なマンション管理組合の防音基準(LL-45)以上を取得しました。
また、二重床でなく15mm~14.5mmの厚みの一枚板で施工できます。(△LL(I)-4)
表面仕上げで撥水性や汚れのつきにくい自然(じねん)フローリングと表面が硬く滑りにくいハードフローリングを選んで頂く事が出来ます。

樹種 等級 仕様 サイズ 入数
上小ムジ 素地フローリング 950 X 110 X 15~14.5mm 16 枚
(1.672㎡)
ハードフローリング 950 X 110 X 15~14.5mm 16 枚
(1.672㎡)
()(ねん)フローリング 950 X 110 X 15~14.5mm 16 枚
(1.672㎡)
上小ムジ 素地フローリング 950 X 110 X 15~14.5mm 16 枚
(1.672㎡)
ハードフローリング 950 X 110 X 15~14.5mm 16 枚
(1.672㎡)
()(ねん)フローリング 950 X 110 X 15~14.5mm 16 枚
(1.672㎡)

無垢防音素地フローリング 無垢の素材の感触を楽しんで頂ける様に表面処理は行っていません。
後々、キズ・汚れ等が気になる場合は施工した状態でサンドペーパーでお好みに合わせ施工時の状態に再現する事も出来ます。

無垢防音ハードフローリング 吉野杉、吉野桧の表面強化法の『熱ロールプレス法』+表面特殊硬化処理したフローリング材。
圧縮フローリングのように全体を圧縮するのではなく、表面だけを処理してあるので、内層はそのままで、木材の特徴である断熱性を損なうことがありません。
また、表面は硬くキズが付きにくく、滑りにくい製品で土足歩行、ペット、車椅子に最適です。

無垢防音()(ねん)フローリング 吉野杉、吉野桧の表面強化法の『熱ロールプレス法』+自然塗料をUV処理したフローリング材。
熱ロールプレスだけでは補えない『撥水性』や『硬さ』と『美しさ』を兼ね揃え、水回リなどでもシミや汚れがつきにくいワックス不要のフローリングです。

防音フローリング Q&A

1 防音フローリングについて

Q 防音フローリングとは何か?
床で発生した音が、階下の居間に伝わりにくくする性質を持つ床材。
直貼りタイプ、二重床タイプがあるが、今回開発したのは直貼り。コンクリート上に、直接貼り付ける。
Q 今回開発した防音フローリングの特徴は?
①国産のスギ、ヒノキ無垢材を使ったこと。
②板幅が標準の110mmで防音基準をクリアできたこと。
③奈良県森林技術センターと共同で研究を行ったこと。

床板の裏側に、スリット(切れ込み)加工【→木の繊維を一部切り、横方向に伝搬する音を減らす】
および、吸音クッションの貼り付け【→階下の音を伝わりにくくする】を、既存の防音フローリングと同様に今回も行っている。
Q 市販されている防音フローリングとどう違うのか?
 大手建材メーカーは、合板を主に使っている。表面1mm以下の化粧ひき板、突き板、塩ビシートなど。
Q 無垢材の防音フローリングはなぜこれまでなかったのか?
無垢材特有の個性があるため、工業製品化が求められる大手建材メーカーでは、商品化が難しかったと思われる。無垢材の専門の中小企業だからこそ、無垢にこだわりオンリーワンの商品の開発にチャレンジし、商品化にたどり着けた。
Q どんな音に対して効果があるか?
軽量音(LL)と重量音(LH)があるが、軽量音に効果がある。軽量音とは、軽くてかたいものの「カーン」という甲高い落下音。スプーン等の落下、椅子の引きずり、スリッパで歩く音など。
ちなみに、重量音とは、子供のとびはねなどの「ドスン」という音。重量音の低減は、フローリングの工夫では難しい、駆体の影響が大きい。
Q 防音性能等級とはどんなのもか?
△L(デルタエル)等級(2008年~)と旧基準の推定L等級がある。ΔL等級は一般にはまだなじみが薄い。一般的によく使われている等級は、従来の推定L等級。
ΔL→試験体そのものの衝撃音低減性能を測る。コンクリート床の上で、試験体あるなしで測定した音量の差。ΔLL-○と表す。
Q 必要な防音性能とは?
日本建築学会が、建築物の遮音性能基準をもうけている。集合住宅では、LL-45を「推奨する好ましい性能水準」としているため、一般的なマンション管理組合でもLL-45を基準としていることが多い。
Q 今回の防音の試験とはどんなのもか?
JISで定める試験(JIS A 1440-1「実験室におけるコンクリート床上の床上げ構造の床衝撃音レベル低減量の測定」)を行った。

2 奈良県森林技術センターとホーテックの研究成果等

Q 奈良県森林技術センターとホーテックとはどういう関係か?
 平成29年度に、県内企業や県内外の工務店等との意見交換の中で、県産材を使った新規用途として防音フローリングが候補に挙がり、センターで県予算を確保して、研究を進めることとなった。
ホーテックは、「平成29年度補正 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」(いわゆる ものづくり補助金)の交付を受け、スリット加工機械を導入し、防音フローリングの商品化を検討し始めた。両者の取り組みが一致し、共同研究になった。
Q 製品寸法は?
長さ950mm、巾110mm、厚さ14.5mm(クッション込み)
通常のフローリングだと、長さ1.8~2mなどが一般的だが、防音フローリングはほとんどの製品で長さ900mm程度にしている。→歩留まりが良いので製造者にとっても有利である。
Q 県が開発した意義とは?
山で敵齢伐期を迎えた優良材が、十分に市場に降りてこない中で、無垢材の良さが感じられる新商品を、県が開発することで、県産材の需要拡大、林業活性化につながるのではと考える。
Q 性能試験はいつ行ったのか?
 (一財)日本建築総合試験所にて、2019/2/12~13実施。
Q どんな条件で試験をしたのか?
3製品について実施。スギ2製品(表面処理:UV塗装、ウレタン塗装)ヒノキ(表面処理:UV塗装)。スリット加工、クッション材は同一条件。
UV塗装=ホーテック製品名称:ジネンフローリング
ウレタン塗装=ホーテック製品名称:ハードフローリング
Q 商品名「音静香」はどういう意味か?
防音性能はもちろんのこと、無垢材のもつよい香りや木質感が伝わる商品名にした。
Q 防音以外にどのような長所があるのか?
ダニが寄りつかない。抗菌性がある。香りでリラックスできる。健康効果がある。
Q ジネンフローリング、ハードフローリングとは?
ジネンフローリングは、圧密+自然塗料により、硬さと撥水効果をもつ。
ハードフローリングは、圧密+特殊な塗料により、土足歩行可能な硬さ、滑りにくさ、撥水効果をもつ。

3 今後の予定について

Q 販売する用途、客層は?
マンション等のリフォーム。現状が畳・カーペット、もしくは複合フローリングであるなど。
子育てを終えバリアフリーを考え始めるなど生活形態の変わってきた方に。
自然志向や健康重視の方に。
Q 今後の課題は?
大径材が多くなっている中、幅広の板が取れる木から、巾150mm(歩留まりが良い)のフローリングができればベスト。ただし幅が広くなるほど防音性能が下がる、寸法変化が大きくなるなどの課題も多い。
Q 防音フローリング以外に、奈良県森林技術センターではどのような新商品開発に取り組んでいるか?
優良スギ材を使った弦楽器、寸法安定性を付与させた床暖房対応・幅広フローリングなど。県産材の魅力が伝わり、需要拡大につながる商品ができればと思っている。
Q 県として、今後林業に対してどの様な施策を考えているか?
県産材が伐採時期を迎える中、木材生産が落ち込み、特にA材品の需要拡大が課題となっている。木材に付加価値をつけるなど、需要拡大ひいては林業振興につながる取り組みを行っていきたい。

●平面 平面

●断面 断面

裏溝加工機

裏溝加工機

タッピングマシン

タッピングマシン

施工例

吉野杉・吉野桧 奈良県産材の住宅部材の製造販売

株式会社ホーテック
  • 桜井:安倍工場
    〒633-0055
    奈良県桜井市安倍木材団地2-3-1
    Tel:0744-44-6100
    Fax:0744-44-6105
  • 本社:大淀工場
    〒638-0812
    奈良県吉野郡大淀町檜垣本1078-1
    Tel:0747-54-3111
    Fax:0747-54-3110
お問い合わせ