ホーテックの想い

ホーテックの想い

『ホーテック』が住宅部材として木材を選び、なかでも歴史ある吉野杉の製材加工業に従事するのには、地球の環境や、健やかな暮らしへの願いに基づく木への想いがあります。
世界でも有数の木造工法で建てられてきた日本の住居。近代以降、その建築スタイルは西欧文化の流入、産業の変革とともにコンクリートや鉄筋、プレハブなどの家へと主流を変えました。
しかし現在でも、美しい日本建築の住まいには、木という素材が不可欠です。

森のメカニズム

木を切るということは一見、環境に良くないように思われますが、長期的な森の育成という点において、むしろ重要な行為です。
樹木は光合成を 行い、若いうちは元気が良いため、多くのCO2を吸収します。しかし、ある樹齢に達するとその量は低下し、老齢期には、ほとんど吸収しなくなってしまいます。また、老齢の大木が増えると、森の内部に差し込む光が遮られてしまい、貴重な若木の生長が止められてしまうのです。

森のはたらき

木との共存を目指して

吉野杉などの人工林では、成熟してCO2吸収量の減った森林の一部を間伐・伐採して木材として利用し、その跡地に植林を行います。こうすることで、森林を若々しい状態に保ち、CO2吸収量も高いレベルを維持しています。
また、管理された森林から得られる木材資源を使用することで、石油資源を用いることによるCO2の放出を抑制することにも繋がります。間引いた吉野杉を適切に利用すること、すなわち「木と共存する」ことこそ、日本の木造文化のあり方なのです。

吉野杉にこだわる理由

数ある木材資源のなかでも、ホーテックが古くから日本に自生する吉野杉にこだわるのは、そのあたたかな感触や美しい色つや、爽やかな芳香が四季を持つ日本の住まいに、ふさわしいと考えるからです。
四季の移ろいを情緒豊かに反映し、気温や湿度など気候の変化にも巧みに順応し、そこで暮らす人々に常に健やかな環境をもたらす無垢の材質。また、独自の育林技術により育まれた木質は、緻密な年輪、均一な樹幹、良質な赤身を有し、住まいに優れた強度を付加してくれます。
時にやさしく、時にたくましく。先人達が作り、育んできた吉野杉のブランドを、次世代に受け継いでいきたい、それがホーテックの願いです。

吉野杉・吉野桧 奈良県産材の住宅部材の製造販売

株式会社ホーテック
  • 桜井:安倍工場
    〒633-0055
    奈良県桜井市安倍木材団地2-3-1
    Tel:0744-44-6100
    Fax:0744-44-6105
  • 本社:大淀工場
    〒638-0812
    奈良県吉野郡大淀町檜垣本1078-1
    Tel:0747-54-3111
    Fax:0747-54-3110
お問い合わせ